ZARAが502店舗すべての営業を一時的に閉めるという話を聞いて

「ロシアの人はZARAの服が一時的に買えなくなっちゃうのか…」
「一時的ってことは、ZARAはロシアでの営業を再開するの?」

と思った方もいると思います。

今回は「ZARAはロシアでの営業を再開するのかどうか」について考察していきたいと思います!

ZARAはロシアでの営業を再開するのか?

ZARAは今後もしばらくロシアで営業再開はしない形を取るのではないか、と僕は考えます。

スペインがNATO加盟国だから

ZARAの親会社はスペインのファッションブランドであり、スペインはNATOに加盟しているため、ロシアでの営業再開に対する批判で経営打撃が来る可能性が考えられるからです。

ZARAの親会社インディテックスは、スペインのファッションブランドです。

そして、スペインはNATO加盟国です。

NATOは現在、ロシアに対して経済制裁を実行しており、その意思・姿勢は今後も続くと考えられます。

おそらく、ウクライナ侵攻(ほぼ侵略ですが、、)が終わったあとも、NATOのロシアへの風当たりは強くなると思います。

そんな中、NATO加盟国のスペインのファッションブランドが、ロシアで営業を再開していた時にどう思われるでしょうか?

ほぼ確実に、批判の声が出ると予想できます。

「なんでロシアで営業しているんだ!」
「経営判断間違ってるだろ!」
「ZARA、インディテックスには落胆した。」
「ロシアと仲良くしてるなんて信じられない」

こんな声が上がれば、ZARAだけでなく、インディテックスを支持するお客様が減ってしまうでしょう。

お客様が減れば、インディテックス社を支援してくれる投資家も少なくなってしまいます。

結果として、ZARAにとどまらず、親会社であるインディテックス社の経営に打撃が出ると考えられます。

こんな状況はできれば避けたい。
そう思えば、ロシアでの営業再開は控える、という選択を取るのではないかと、僕は考えます。

Sponsored Link


まとめ

ZARAはロシアでの営業再開はしないのではないか、と僕は予想しています!

経済的な打撃は痛いですが、長期的なことを考えたら、その選択肢が妥当なのではないかと思います。

Sponsored Link