花火大会

2022年の利根川大花火大会では、屋台は出るのでしょうか?
コロナ感染もあるし怪しいところですよね。

また、どんなものが売っているのか、穴場、アクセスなどはどうなのか?なども調べました。

あなたの参考になれば幸いです!

【2022年】利根川大花火大会の基本情報

大会名第35回利根川大花火大会
期間2022年9月17日(土)
開催時間19:30~21:00(90分)
※ 開場は16:00~
場所茨城県猿島郡境町
> さかいリバーサイドパーク(利根川河川敷)
弾数3万発 ※前回より7000発多い!
悪天候時2022年9月18日(日)に延期
有料席・アリーナワイド席 \32,000/1テーブル(4人) 
・プレミアムテーブル席 \60,000円/1テーブル(4人) 
・テーブル席 \40,000/1テーブル(4人) 
・カメラ席 \15,000/1人
※8月20日(土)より「イープラス」にて販売
コロナ対策のお願い・三密回避
・体調不良時 / 濃厚接触者の来場自粛
・咳エチケット
・入場時の手指消毒 / 検温
・マスク着用
・混雑時の入場制限
Sponsored Link


【2022年】利根川大花火大会で屋台は出る?

屋台

屋台は出る

屋台は出ると思いますが、詳しい情報はまだ出ていません。

2018年には100店舗、2019年には130店舗も出店されています。

今回は感染を極力避けるために、130店舗はさすがに出店しないのではないかと思っています。
それを考えると、半分の70店舗くらいなのではないでしょうか?

屋台でこれ食べたい!

  • ふりふりポテト
  • きゅうり
  • 黒豚フランクフルト
  • タン塩串
  • 煮イカ
  • 醤油から揚げ
  • ラムネ

これ全部買いたいです!(笑)

ちなみにこれらは過去の屋台情報を参考に書いてます。

また、やっぱり屋台といえばラムネですよね!(そんなことはない)

ラムネを飲みながらうちわを仰いで

Sponsored Link


【2022年】利根川大花火大会の穴場スポットはどこ?

穴場スポット

今回紹介する穴場スポットは合計で6つです!
エリアは3つあって、境町・五霞町・千葉県野田市の関宿です。

それぞれ見ていきましょう。

また、穴場スポット全般で言えることですが、事前に食べ物飲み物を買う必要があるので、その点は絶対注意したいところ!

境町

境香取神社

境香取神社は穴場スポットでも有名な場所です。

穴場と言えるほど空いているかはわかりませんが、開催地のリバーサイドよりは明らかに

さくらの森公園

こちらも有名な穴場スポットなので、多少人はいると思われます。

公園なので、レジャーシートを敷く余裕があるので、個人的にはここは少し気になります。

五霞町

中の島公園

駐車場が近く、そこそこ広い公園なので、他の人が居ても気にせずに花火を見ることができそう!

気になる方はストリートビューで見たり、早めに現地へ行って、大丈夫そうか下見をして決めると良いかもしれません。

利根川レクリエーション公園

こちらは行ったことがないので、ストリートビューを参考にしました!

かなり小さい公園なので、先客が居た場合は、シートを敷いて見る感じになりそう。

ただ、草が刈られていない場合、シートを敷いても居心地が悪い感じになると思います。

車は道路脇に止めれそうなので、状況次第では路駐して車から見ることも可能かもしれません。

千葉県野田市の関宿

土手

上記のコメントがるように、関宿の土手が以外にも穴場となっているようです。

ただ、2018年のコメントなので、もしかすると今年は穴場とは言えなくなっているかもしれませんね。(笑)

関宿にこにこ水辺公園

駐車場も近い上に土手も近いです!

水辺公園付近から見てもよし、土手に移ってもよし!

【2022年】利根川大花火大会の駐車場はどこ?

駐車場

現在はまだ駐車場情報は出ていません。(2022/08/15時点)

情報が解禁され次第追記します!

Sponsored Link


【2022年】利根川大花火大会までのアクセスは?

日本の電車

アクセスは電車、車それぞれ下記のとおりです!

電車

  • 所要時間: 約43分
  • 料金: 片道 567円
  • ルート:
    • 東武動物公園駅
    • → 境車庫行きバスに乗る
    • → 河岸の駅さかいバス停下車
    • → 徒歩で会場まで

電車の場合は、だいぶ混むと思うので、感染対策は十分にしていくと良さそうです。

  • 所要時間: 下記料金所から10分
  • 料金所: 圏央道境古河IC

【2022年】利根川大花火大会を倍楽しもう!

浴衣と花火

やっぱり花火といえば浴衣!
浴衣を来て、より風情を感じながら参加したいところですね(*^^*)

加えて、うちわラムネを持てば海外の方から写真を求められること間違いなし!(笑)

欲を言えばかき氷も食べたいところ。

あと、花火の燃えカスや煙が気にならないように、可能であれば風上側から見物できると良いですね。
風下側には煙や燃えカスが流れてくるため、人によっては花火を楽しみづらくなってしまいます。

どうしても風下になってしまう場合は、燃えカスが落ちてきても肌を守れるように、上着を持っていると良さそうです!

Sponsored Link


持ちものリスト

下記を参考にして、持ちもの忘れがないように活用いただければと思います!

参考:ちけっとぴあ – 花火大会で役立つ持ち物リスト

必須

レジャーシート花火を楽しむためには必須!
場所取りにも使えて便利です。
花火大会によっては使用不可なので注意。
ビニール袋複数枚用意していくと何かと便利!
ゴミ袋、気分が悪い時、突然の雨から荷物を守るなど。
タオル汗を拭いたり、濡らして首に巻くなど。
レインコート
夕立や雷雨に見舞われることも少なくない。
防寒着代わりにも使るので便利!
飲料近くに飲料売り場がなかったりするケースも。
すぐに飲んで熱中症対策ができるようにしましょう!
カフェイン飲料はあまり対策にならないので注意。

あると便利な持ち物

折りたたみ椅子車で来た際にはあると便利かも。
込み合う場所はスペース的に注意が必要。
人出の少ない場所から花火観賞する時に。
ウェットティッシュ飲食時に便利。
汗を拭いたり、軽い汚れを落としたり。
帽子場所とりで日中から行動する人には必須!
モバイルバッテリー充電がなくなり人とはぐれたらまずい…!
そうならないためにも、あると便利ですね。
防寒着思いがけずに冷え込むこともある。
1枚は羽織れるものを持っておくと役立ちそう!
絆創膏浴衣で下駄・草履を履くと靴ずれが起きやすい。
いつでも対処できるようにできるとスマート!
虫よけスプレー花火大会は水辺が多いので蚊に要注意。
お酒を飲むならなおさら。
日焼け止め日中から場所取りする人には必須!

まとめ

Sponsored Link