ロシアの旅客機借りパクを機に戦争が勃発!?まずは日本が狙われる?

ロシアが旅客機515機を借りパクしたのに対して

「借りパク規模がでかすぎる。。」
「これを機に戦争おきるんじゃないの?」

と思った人もいると思います。

これを機に戦争が起きるのかどうか考察してみました。

ロシアの旅客機借りパクから戦争勃発!?

3月10日にロシアが「515機もの旅客機を借りパクする気満々な法案」の成立を検討して、いよいよ航空業界も岐路に立たされる状況になっていますね。

Yahoo! ニュース > 機500機「借りパク」へ! 経済制裁受けロシアがリース機返還拒否…どうするの?

まさにリアルジャイアン、ヤバすぎです(´・ω・`)

危険度は違いますが、やっていることは子供のケンカと変わらないです。

プーチン大統領本人もわかっていることでしょうが、これで一番ダメージを受けるのはロシアのはずです。

なんでわざわざ続けるんでしょうか。

行くところまで行ってしまった結果「戻れなくなっている」というのもあるかもしれません。

もとから戦争を狙っていたのかもわかりませんが、それはこの際さておき、、、

そして吹っ切れて、本格的に戦争を始めるための準備をしている、という可能性は多いにありそうですね。

今回の旅客機借りパクもそこに大きく関係している可能性があると考えています。

借りパクした旅客機が墜落してロシアで死者が出る

ニュース記事でも書かれていますが、ロシアの航空会社は980機を運航しており、そのうちリース機が777機で、リース機のうち515機が外国リースです。

つまり、ロシアが運航している機体のうち半分以上が外国のものです。

外国のものであるため、メンテナンスについては外国のサポートが必須になってきます。

しかし、ただでさえ経済制裁をされているのに加えて、今回借りパクをしてしまったがために、サポートを受けることはできないと考えられます。

サポートを受けることができなければ、適切なメンテナンスを行うことができません。

適切なメンテが行えなければ、飛行時の事故が増える可能性はかなり高くなると思います。

そうなると、ロシア国内で飛行機が墜落する事故が増えてもなにも不思議ではありません。

もしそうなると、飛行機墜落による死者が増えることは容易に想像がつきます。

(罪なきロシア国民まで巻き込まれないよう、そうはなってほしくないですが、、)

旅客機墜落の責任を他国に押し付ける

もしロシアが旅客機を適切にメンテナンスできずに、墜落で死者が出た時、その責任を旅客機の提供元である国に押し付ける可能性は十分に有り得そうです。

ウクライナに勝手に入り込んで、いちゃもんをつけて侵攻を開始したり

北方領土にも何かしら口実を作って無理やり住み込んだり軍事演習をおこなったり

これまでのプーチン大統領のぶっ飛びぶりをみれば、その可能性があることは明らかです。

他国はサポートしない体制を取る

旅客機墜落の責任を他国に押し付け、

「お前たちの作った飛行機のせいで大事なうちの国民が犠牲になったじゃないか」
「どう落とし前をつけてくれるのか。」

「今から無償でサポートをしてくれれば許してやってもいい。」
「さもなくば、こちらもそれなりのことをしてやる。犠牲がでてるからな。」

こんなことを言ってきそうですね。

しかし、それでも経済制裁をやめるわけにはいきません。
世界的にサポートはしないという体制をとり続けることになるでしょう。

サポートされないことを口実に戦争勃発

サポートがなければ、「現状のロシアの飛行機は墜落の危険がある」というイメージをロシア国民から拭えなくなるでしょう。

そうなると、国内だけでなんとか運航している航空会社は経済事情的に経営を続けることが難しくなってくるのではないでしょうか。

そうなってくると、

お前たちの国の飛行機のせいで犠牲者が出ただけじゃなく、経済まで脅かされている。」
「なんてひどいことをしてくれたんだ。」
無償でサポートをすればよかったものを。目にものを見せてくれる。

こんなことになる可能性は十分あると思います。

そうして、旅客機の提供もとである国をターゲットに戦争をしかけていくのではないかと考えています。

Sponsored Link


戦争勃発でまず狙われるのは日本?

借りパクされた旅客機に日本のものも含まれている

今回借りパクされた旅客機には、日本のものも含まれています。

そのため、「日本の旅客機で犠牲が出た。」と言われる可能性は考えておく必要がありそうです。

それだけでなく、こんなことも追加でこじつけてきそうですね。

ウクライナの時からお前達はロシアに非友好的であったな。」
「それだけじゃなく、ロシアの大切なクリール諸島(北方領土と千島列島)をも脅かしている。

アメリカ人を人質にできる

さらに、裏の狙いとして「アメリカ人の人質を取ること」を考えているのではないかと考えています。

日本を征服すれば、アメリカ軍基地を一つ減らす事ができます。

アメリカ軍基地を減らせば、武器を調達できます。

それだけでなく、アメリカに対して有効な人質を取ることができます。

日本を狙うことは、最終的に「アメリカを狙うために必須のステップ」であると考えているのではないでしょうか。

中国を確実に見方にできる

日本を侵略すれば、アメリカ軍基地が脅かされるのも時間の問題です。

アメリカも出てこざるを得ない状況になります。

しかし、ここで出てくるのが中国。

ロシアから、「日本を奪った暁には、尖閣諸島を中国へ譲渡してやる。

元からロシアと中国は親密ですから、この条件を飲み込む可能性は十分に考えられます。

そんな約束がもし裏で行われていた場合、ロシアが北方から攻めて、アメリカの意識を分散させている間に、中国がアメリカ軍基地を占領する未来も考えられます。

そうなった時、アメリカはヘタに手を出すことができなくなり、一瞬勢いがストップする可能性が高いのではないでしょうか。

北朝鮮と韓国を見方にできる

人質によってアメリカの勢いがストップしている間に、もとからロシアや中国寄りの北朝鮮は、本格的にロシア・中国と手をつなぎそうですね。

アジアの主要国で取り残された韓国には、

「反発するのは自由だが、どうなっても知らないぞ。」

と強い態度をとりそうですね。

最初はなんとか抵抗する韓国ですが、明らかに八方塞がりの韓国に勝ち目はないでしょう。

極めつけは、

今おとなしく仲間になれば、竹島を譲渡してやってもいいんだぞ。」

と話を持ち出し、韓国は無理やり寝返らされる可能性が考えられます。

あくまで無理やりなので、世界に対しては、

「こうする他なかったんだ。許してくれ。攻撃は加えないが、ロシア側につかせてもらう。。」

こんな態度を取るのではないでしょうか?

アメリカ 対 新ソ連

もし本当にここまでくるとしたら、最終的にはアメリカ 対 新ソ連(ロシア、中国、北朝鮮、侵略された国)という未来が見えますね、、

こうなった場合、NATO が戦争にガッツリ手を貸すか、宇宙人から授かった秘密武器でも使わない限り、アメリカが勝つのは難しいように見えます。

Sponsored Link


借りパクに対するネットの声

まとめ

今回は、旅客機借りパクを機に、戦争をしかけることについて考察してみました。

戦争を仕掛けられる可能性は、北方領土侵攻の可能性とあわせて、依然としてあるように僕は感じます。

戦争は本気でやめてほしいです、まじで。

そうはならないことを願っています。

Sponsored Link