節電

節電プログラムに参加すると、節電ポイントが2000円分もらえるらしいけど、

  • 気になるから、参加するだけ参加してみたい
  • 実際のところ、達成は現実的な話なのか?
  • 節電って何をもって節電なの?何をしたらいいの?

と思う方も多いと思います。

今回は、節電ポイントをもらうためのやり方について調査してみました!

節電ポイントのやり方が知りたい!参加方法や条件は?

疑問

国からの節電ポイントをゲットするためには、まずは電力会社の行っている節電プログラムに参加する必要があります。

節電プログラムの参加方法

節電プログラムへの参加方法・条件は、各電力会社によって異なります。

また、どの電力会社の節電プログラムが対象なのかもまだ決定されていないです。

現状対応を公式に表明しているのはTEPCOですが、他の電力会社は節電プログラムをするのか明確に表明されていません。
※7月15日時点

なので、一応下記に節電によってポイントが獲得できる電力サービス一覧を表示しておきます。

※TEPCO 以外の電力サービスの節電プログラムに入ったからと言って、節電ポイントが獲得できるわけではないので、ご注意ください。

節電プログラムによるポイントがある電力サービス一覧

一応、下記に各電力会社の節電プログラム参加方法・ポイント獲得条件についてまとめましたので、参考になれば幸いです!

また、当たり前の話ですが、これらの節電プログラムに参加するには、これらの電力サービスと契約していることが前提条件となります。ご注意下さい。

※この電力会社の節電プログラムに参加したからと言って、政府からの節電ポイントがもらえるわけではありません。
※ 政府の続報をお待ち下さい。

電力サービス節電プログラム名参加方法ポイント獲得条件
東京電力エナジーパートナー(TEPCO)TEPCO省エネプログラム20221. 対象料金プランに加入する

2. くらし TEPCO web マイページからお申込み
・1kWh 節電で5節電ポイント

・初めて0.01kWhの節電を成功するとボーナスで100節電ポイント
わたしの省エネ行動宣言1. 対象料金プランに加入する

2. くらし TEPCO web マイページにメールアドレスを登録する

3. メールから「省エネ行動宣言」登録する
・毎月テーマに合わせて行動宣言をすると20くらしTEPCOポイント

・省エネの工夫を登録すると抽選で100名に1,000ポイント
中部電力ミライズ家族のじかん応援プロジェクト1. カテエネ会員になる

2. カテエネWEBサイトから申し込む
・カテエネWEBコンテンツ「省エネすごろく」に参加すると最大60ポイント

・カテエネWEBコンテンツ「省エネチャレンジ」で5kwh節電すると各月50ポイント
NACHARGE(ご家庭向けDRサービス)1. 対象の電気料金プランに加入する

2. カテエネへの対象契約情報の登録をする

3. 中部地域在住

4. スマートメーターを設置する

5. ミライズと連絡がとれる状態にする
・ミライズから届くメールに沿った節電対応を取り、節電量1kwhにつき10ポイント

・期間内に初めて0.01kwh節電成功すると100ポイント
九州電力家庭向けDRサービス1. 専用スマホアプリ「キレイライフプラスDR」から参加申し込みをする
・アプリから通知された内容に沿って節電を行うと、その効果に応じたPayPayポイントを獲得
ソフトバンクでんき節電チャレンジ1. 専用スマホアプリ「エコ電気アプリ」から参加する・節電チャレンジを達成するとPayPayポイントを獲得
エネワンでんき人の行動変容によるDR実証1. 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に住んでいる

2. 専用アプリyOURから参加申込み
・アプリから通知された内容に協力すると、PayPayポイント獲得
ENEOSでんき現状なし
東急でんき人の行動変容によるDR実証1. 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に住んでいる

2. 専用アプリyOURから参加申込み
・アプリから通知された内容に協力すると、PayPayポイント獲得

節電ポイントをもらうには何をしたら良いの?

政府から節電ポイントをもらうためには、電力サービスの節電プログラムに参加することが必要です!

電力サービスの節電プログラムに参加することで、必ず2000ポイント獲得することができると報道されていましたね。

加えて、さらに「もう1段」の節電をした家庭に、上乗せで節電ポイントが付与されることも報道されました。

もう1段ってなんなのか?どれくらいもらえるのか?までは明確になっていません。

ネット上では「10円分とか(少ない)ポイントはいらない」といった声もあり、木原官房副長官が「電気代負担軽減をしっかりと実感できる形にする」と言っていたので、

1000ポイントくらいはもらえるのではないか?と僕は推測していますが、実際どうなるんでしょうね・・・

また、もしかすると申請する必要がある可能性もなくはありません。
申請方法などが発表されましたら、随時この記事を更新します(2022/07/25時点)

参考記事:政府の節電ポイント、参加する家庭にまず2000円相当を付与へ

Sponsored Link


そもそも節電プログラムって何?なぜやるの?

電気代

節電プログラムがあって、ポイントもらえてお得らしい。

それは知っていても、節電プログラムって何?なぜ節電プログラムをやることになったの?

ということまで理解している方は少ないのではないでしょうか?

ココでは、あくまで僕自身が知っている限りの知識で、

  • 節電プログラムとはなにか?
  • 節電プログラムをするほど電力不足なのはなぜか?

についてまとめてみました。ご興味ある方は読んで見てくださいね!

節電プログラムって何?

そもそも節電プログラムとは、各電力サービスが実施している、節電促進のための施策です。

もちろん、ただ単に「節電やってくれい!」ではなく、「ポイントゲットできるし、節電みんなでやりませんか?」という施策内容です。

僕はお恥ずかしながら、ニュースだけぼんやり見ていて「へー」と聞いていただけ民でした。

なので、政府が節電プログラムを実施しており、その中で節電ポイントがもらえるものだと思っていました(笑)

では、なぜその節電プログラムが実施されることになったのでしょうか?

節電プログラムが実施される理由は、電力不足に備えるためと、世界的な目標達成のためです。

電力不足に備えるため

電力不足

じゃあなぜ、節電プログラムを実施するほどの電力不足状態になっているのでしょうか?

電力不足の理由は主に2つあります。

ウクライナ情勢でエネルギー資源価格が高騰している

1つ目は、ウクライナ情勢の影響によって、エネルギー資源価格が高騰していることがあげられます。

なぜかというと、世界における原油輸出に占めるロシアの割合は12.5%で、サウジアラビアの14.7%に次ぐ第2位というデータが出ています。

そのロシアに対する経済制裁のひとつで、ロシア産の原油を輸入しないといった動きがあります。

しかし、そうしてしまうと、世界第2位の原油輸出量が市場から無くなることになってしまいます。

その無くなった量をすぐに補うことはできません。供給が足りなくなります。

供給が足りなくなった結果、原油の価値が高くなり、価格が高騰しています。

また、日本のメインの発電方法は火力発電で、それを支えているエネルギー資源が原油なのです。

そのため、原油価格の高騰によって電気代も高騰してしまいます。

今回の節電プログラムで主に公式で発表されているものがこれでした。

例えば、TEPCO の節電プログラムのお知らせページではこのようにかかれています。

当プログラムは、昨今のウクライナ情勢の影響等を背景とした世界的な燃料費の高騰や、それに伴う卸電力市場価格の高騰影響などにより、燃料市況や需給の見通しが不透明な状況の中、より多くのお客さまにご参加いただきながら、ご家庭で省エネを楽しく実践していただけるサポートプログラムです。

「TEPCO省エネプログラム2022」の実施について

余談ですが、ここではウクライナ情勢による影響のみを上げましたが、実はウクライナ情勢以前から、

  • 新型コロナウイルスによる原油価格への影響
  • 中東で石油施設の爆発や火災が相次いだことによる原油価格への影響
  • など

もあったりします。気になる方は調べて見てくださいね!

東日本大震災によって元から電力不足

2つ目は、東日本大震災の影響により、元から電気エネルギーが不足していたことです。

原子力発電所の稼働が一旦ストップして、現在では元稼働していたうちの半分しか稼働していない状況です。

そのため、以前から電気エネルギーの不足という問題はあったんですね。

世界的にCO2排出量を抑える動きが活発になっている

脱炭素

節電プログラムを実施する必要がある理由2つ目としては、世界的にCO2の排出量を抑える動きが活発になっていることです。

現在、世界的な目標として SDGs というものと、カーボンニュートラルというものがあります。

カーボンニュートラルは、脱炭素社会をめざして、温室効果ガスの排出を実質ゼロにするという目標です。

SDGsには30個目標がありますが、その中で、「目標07:エネルギーをみんなにそしてクリーンに」「目標13:気候変動に具体的な対策を」といったものがあります。

これらから、世界的にCO2を抑える動きがあることがわかります。

そのため、CO2排出量の多い発電方法をしていると、世界の目標達成に貢献していないことになります。

日本の発電を主に支えているのは火力発電で、CO2の排出量が一番大きい発電方法になります。

世界の目標に貢献するためにも、日本としては節電を行う必要が出てきているんですね。

節電をすることで、火力発電の量を減らし、二酸化炭素の排出量をへらすことができます。

こういった背景もあり、節電プログラムが実施されていると考えられます。

Sponsored Link


節電方法

他でも節電方法をまとめている方がいますが、こちらでもまとめておきます!

僕はとてもみやすかったので、九州電力にかかれている内容を参考に書いています!

下記に書かれている以外の節電方法も見たい方、直接九州電力を直接見たい方、は上記のリンクから飛んでみてください。

エアコン

  • 設定温度は外気温にちかづける
    • 衣服などで調整
    • 無理のない範囲で外気温に近づける
    • 室温は「夏は28度」「冬は20度」を目安に
  • 使わないときは消す
    • タイマーを上手に使う
      • ※頻繁なオンオフは逆効果になることもあるので注意
    • 窓にはカーテンやブラインドをする
      • 窓から出入りする熱を遮断すると冷暖房効率がアップする!
  • 扇風機やサーキュレーターを活用
    • 扇風機やサーキュレーターを併用すると、冷気や暖気を部屋中に行き渡らせれるので、効率がよくなる
  • 室外機の周りはふさがない
    • 吸い込み口をふさぐとエネルギー効率が悪くなる

照明

  • LED電球に置き換える
    • 消費電力が約1/5~1/7、寿命は約40倍にかわる。 
    • ※製品差あり
  • 点灯時間を短く
    • こまめな消灯は省エネの基本、誰もいない部屋の照明は消しましょう。
  • 複数の照明をシーンに合わせて使う
    • 天井灯だけでなく、部屋に複数の照明を用意して、生活シーンに合わせて使い分ける

テレビ

  • 見ないときは消す
  • 節電モード
    • 明るさを控えめにするなど、節電モードに設定する
    • センサーや自動オフタイマーなどの機能があれば活用

パソコン

  • 使わないときは電源を切る
    • 「国際エネルギースターロゴ」が付いた機器を購入することも検討してみる
    • 「国際エネルギースターロゴ」がある機器は、待機している状態が一定の時間を経過すると、省エネモードに自動的に切り替わる

炊飯器・電子レンジ

  • 【炊飯器】長時間の保温はやめる
    • 7~9時間以上保温するより、2回に分けて炊く方が省エネになる
    • 一食分ずつに分けて保存したりして調整してみよう!
  • 【電子レンジ】料理の下ごしらえや仕上げにレンジを使う
    • 野菜の下ごしらえは電子レンジですると省エネになる
    • また、中まで火を通したいときは、仕上げに電子レンジを使うと省エネになる

電気ポット

  • 保温は低めの温度にする
    • 必要なときに沸かし、保温は低めの温度にする
    • 使わないときはプラグを抜く

洗濯機・洗濯乾燥機

  • 洗剤は適量を守る
    • 洗剤を適量以上入れると、すすぎの時間が余計にかかり、電気や水の無駄づかいになる
    • すすぎが1回で済む洗剤もあるので、検討してみてもいいかも?

まとめ

  • 節電ポイントのやり方
    • 各電力サービスの節電プログラムに参加すること
    • 参加をするだけで、2000ポイントはもらえる!
    • 「もう1段」節電をすると、上乗せポイントがもらえる!
    • 上乗せで節電ポイントを受け取るには申請がいる可能性があるかも?
  • 節電プログラムの参加方法は各サービスによって異なる
  • 節電プログラム実施の背景には、電力不足、世界目標への貢献がある
  • おすすめ節電方法を実行しよう!

2022年の夏は、異常気象で特に暑いと言われています。

どこまでの節電が妥当なのか、それは節電ポイントを獲得するほどの節電ができるのかどうか、不透明な部分がまだまだ多いです。

もし節電プログラムに参加する際には、あなたご自身の健康を害さないことにだけ注意しましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link