あらすじ

ティザー動画から石子と羽男がすでに面白そうですよね!

  • そんな『石子と羽男』には原作があるのか?
  • あらすじやキャストは?
  • 誰が脚本を書いたのか?
  • どんな内容になるのか?

と気になる方も多いと思います!

今回は、『石子と羽男』の原作やあらすじ、内容など考察してみました!

『石子と羽男』は原作なしのオリジナル!

あらすじ

『石子と羽男』は原作なしの完全オリジナルだそうです!

漫画を実写化したり、海外のドラマをリメイクしたりであれば展開が考えられます。

しかし、今回はそうではないので、どんな話になるかが見るまでのお楽しみです!ワクワクする!

ただ、サブタイトルが「そんなことで訴えます?」なので、世の中に存在する「そんなことで訴えます?」系の事例を扱うのではないか、と想像できますね。

Sponsored Link


『石子と羽男』のあらすじは?

石子と羽男(通称:石羽コンビ)が誰にでも起こりうる珍トラブルに挑む異色のリーガル・エンターテインメントとなっています!

誰にでも起こりうる珍トラブル、例えば、「カフェで充電していたら訴えられた!」「コンビニでお釣りを多く受け取ったら訴えられた!」などなど。

一見些細なトラブルですよね。「心が小さいんじゃ!」と思う人もいるかもしれません。(笑)

しかし、その裏には誰かの“大切な暮らし”があるはず。

今回の作品『石子と羽男』では、町の弁護士「石羽コンビ」のもとに訪れる、そういった問題を抱えた人の人生や、社会にひそむ問題、またそれに関わる人間模様を描いていきます。

また、そういった問題を解決していく「石子」と「羽男」が自らのコンプレックスに向き合い成長していく姿もコミカルに描かれます!

石子と羽男が惹かれ合う姿とか描かれたら胸キュンも混ざっていいですねえ❤笑

Sponsored Link


キャストは誰?

有村架純

有村架純さんは、石子こと「石田 硝子(いしだしょうこ)」を演じます!

東大主席卒という超高学歴女子ですが、4回司法試験に落ちた崖っぷちのパラリーガルです。パラリーガルとは、弁護士の監督・指示のもとで弁護士業務を行う人のことです。

石子を監督する弁護士は誰かというと、父親の綿郎(さだまさしさん)です!

頭の固い石子の場合、固定観念から抜け出すのに苦労しそう・・・。

高学歴女子の有村架純さん、どんなふうになるのか楽しみですね!

中村倫也

中村倫也さんは、羽男こと「羽根 岡佳男(はねおか・よしお)」を演じます!

羽男は高校卒業後、アメリカの大学に行ったものの自主退学をします。

その後アメリカを放浪する自由っぷり!(笑)

ここら辺、個人的な中村倫也さんの第一印象と合っててしっくり来る(笑)

さておき、羽男はどんな理由で退学をしたのか、なぜ弁護士を目指したのか、気になること満載ですね!

司法試験予備試験と司法試験に1発で合格した、とても地頭の良い天才弁護士です!

自由な羽男と固く閉ざされた?石子の掛け合いが楽しみですね!

さだまさし

さだまさしさんは、綿郎こと「潮 綿郎(うしお・わたろう)」を演じます!

石子の父親で、弁護士として潮法律事務所の所長を務めています!

困っている⼈を放っておけない、お⼈好しの⼈情派。
老若男女、誰とでも友達になれるフレンドリーな性格。

お人好し過ぎて、お⾦にならないトラブルを格安で請け負っているために、いつも⾚字。

頭の固い娘の石子と、自由奔放な羽男、この2人をどう暖かく包むのか楽しみです(*^^*)

赤楚衛二

赤楚衛二さんは「大庭蒼生(おおば・あお)」を演じます!

中古車販売店で働く販売員。こんなイケメンが中古屋いたら、男の僕でも買っちゃいそう(笑)

特徴は真面目、まっすぐ、優しい、人情が厚い、不器用、おもしろみに欠ける。

高校時代は剣道部に所属しており、3年間エースとして活躍した。

カフェで充電をしていたら訴えられてしまい、石子と羽男が働く潮法律事務所に依頼に来る。

そして、この大庭蒼生がキーパーソンで、物語が大きく動いていきます!

『石子と羽男』の脚本を書いたのは誰?

脚本を書いたのは「西田征史」

脚本を書いたのは「西田征史」さんです!

名前西田征史(にしだまさふみ)
生年月日1975年5月22日
血液型B型
職業・脚本家
・俳優
・演習塚
・元お笑い芸人

経歴を見てみると、芸能系でとても頑張って、脚本家として華が咲いたことがよく伝わってきますね。

元は芸人さんとしてコンビで頑張っていましたが、コントの尺では収められない細かな描写が描けることから、徐々に脚本への道へと歩んでいったそうです。

結果としてお笑いコンビは解散になってしまいましたが、その時の活動があったからこそ、コメディ系の軽やかな脚本を手掛けられるのではないでしょうか。

西田征史さんの代表作品

西田征史さんの代表作は次のようになっています!

  • ママさんバレーでつかまえて
  • 怪物くん(映画版も)
  • 妖怪人間ベム(映画版も)
  • 実験刑事トトリ
  • とと姉ちゃん
  • ガチ☆ボーイ(映画)
  • 小野寺の弟・小野寺の姉
  • 信長協奏曲

僕はこの中だと、怪物くん、妖怪人間ベム、信長協奏曲が特に良く見ていました!

知らず知らずのうちに楽しんで見ているものが多いですね!

Sponsored Link


『石子と羽男』の内容予想!

内容

石子と羽男ではどんな訴えが出てくるのでしょうか。

まず、おそらく12話~13話構成であると予想されます。

そのため、2話で1つのテーマを扱うとしたら、最低でも6個は「そんなことで訴えます?」な内容があるのではないでしょうか?

先程あらすじで「カフェで充電していたら訴えられた!」「コンビニでお釣りを多く受け取ったら訴えられた!」といったものがあったので、6個中2個はこの内容で間違いないでしょう!

ということで、残り4つ、どんな内容になるのか予想します!

※ちなみに、半分本気、半分おふざけです。ご了承ください。

おすすめされたエナジードリンクを飲んだのに効果が得られず訴えられた!

レッドブル翼をさずける、的なCMのエナジードリンクを

「爆速で仕事が進む!(くらいエネルギッシュになる)」

として、Aさんが知り合いのBさんにドリンクをおすすめします。

それを信じたBさんがエナジードリンクを飲んだのですが、効果がえられませんでした。

Bさんは超大事な仕事を抱えていたが、それを信じたがために仕事がうまくいかなかった。

そこで、「嘘をつかれたせいで仕事で損害が出た」として、BさんがAさんを訴えました。

こんな内容、ありじゃないでしょうか?

実際に、過去に「レッドブルを飲んだのに翼が生えないじゃないか!」としてレッドブルの会社が訴えられたケースがあったくらいですからね(笑)

みんなの前で部下を叱ったら訴えられた!

みんなの前で部下を叱った。チームを引き締めるためにも、効果的だとおもった。

しかし、その部下が「みんなの前で叱られたことで精神的な苦痛を受けた」として、上司を訴えた!

こんな内容も、日頃から起きている些細なことなので、ありではないでしょうか?

駅の改札をうまく通れず訴えられた!

朝って忙しいですよね。それは学生も会社員も一緒ですよね。

そんな朝に改札がうまく通れずにいたら、後ろに居た人に

「お前が止まったせいで電車に乗れずに大事な仕事に遅れたじゃないか!」

そして、損害がでた、として訴えられた、というケースもありではないでしょうか?

ペットが人を舐めて訴えられた!

ペットって可愛いですよね、大事な家族の一員です。

その中でも、やはり犬を飼っている世帯はおおいはず。

犬は散歩をすれば、人懐っこいですから、気になった人の匂いを嗅ぐくらいはしますよね?

場合によっては舐めてしまうこともあるかもしれません。

そんな犬の散歩をしている時、犬が気になってある女性に近づき、洋服や肌をなめてしまいました。

「これからデートに行くのに、洋服を汚されて不快なんだけど!」として、訴えられた

なんて内容も、些細だけどあるんじゃないでしょうか?

まとめ

  • 石子と羽男は原作なしの完全オリジナル!
  • 脚本を手掛けたのは西田征史さん!

キャストも豪華だし温かみと楽しさのある良い作品になりそうです!

どんな内容になるのか、僕のふざけた予想はあたっているのか、楽しんで見てみたいと思います!(笑)

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link