生稲晃子はなぜ当選した?知名度や阿部さんの訃報が影響?政治を任せて大丈夫?

生稲晃子さんはなぜ当選したんだ?

と思い、少しモヤモヤする方もいるかも知れません。

今回は、そんな生稲晃子さんはなぜ当選したのか?など考察してみました。

生稲晃子の目指す政策は?

まず、生稲晃子さんがなぜ当選したのかを考える前に、

生稲晃子さんがどんな未来を見ているのかを振り返っておきましょう!

その方が話が入ってきやすいと思います!

生稲晃子の目標

生稲晃子さんの目指す目標は「誰もが働きやすい国へ」です。

この裏には、生稲晃子さんが政治に参入した理由である「弱い立場の人を救いたい」という思いがあります。

生稲晃子さんは、乳がん治療、子供育て、芸能活動をなんとか両立させていました。

この時、生稲晃子さんは、健康と仕事の両立の難しさを実感したようです。

生稲晃子さんは、この頃は社会からみたら弱い立場の人間だったのかもしれません。

そして、生稲晃子さんは「弱い立場の人間にはとても生きづらい世の中だ」と感じたのかもしれませんね。

とくに、働くという部分において苦労したのではないでしょうか。

実際に、生稲晃子さんもこのように話しています。

大きな病気を抱えても、仕事や生きがいを失うことのない日本をつくることが私の目標です。

引用元:参院選2022 生稲晃子

だからこその「誰もが働きやすい国へ」という目標なのだと思います。

生稲晃子の政策

「誰もが働きやすい国へ」という目標を達成するべく、どんな政策を考えているのでしょうか。

改めて見てみましょう!

  • がんから国民を守る

    • 特に女性特有のがん治療等についての支援

  • 大きな病気を抱えても生きがいを持って働ける社会へ

    • 「トライアングル型支援」の更なる普及、推進

  • コロナに負けない経済活動の支援

    • コロナで傷ついた事業者の生の声を国政に届ける

  • 女性が働きやすい環境をつくる

    • 結婚・出産・育児で職場を離れた女性の再就職支援を充実

    • 待機児童ゼロ

    • 病児保育の拡充

  • 仕事と健康が両立できる社会づくり

    • 自身の経験を活かして全力で取り組む

自分の経験ベースで、自分の手の届くと思える範囲から、少しずつ変えていく。

そんな印象を受けます。

Sponsored Link


生稲晃子はなぜ当選した?

生稲晃子さんがなぜ当選したのか?その理由は下記のものがあると思います。

生稲晃子さんはなぜ当選したか?
  • 生稲晃子さんは知名度があるから

  • 生稲晃子さんの背景・目標・政策は一応筋が通っているから

  • 生稲晃子さんは阿部元首相から

  • 阿部元首相の訃報があったから

  • 生稲晃子さんは菅前首相から応援メッセージを頂いていたから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

生稲晃子は知名度があるから

生稲晃子さんは、芸能人出身かつ、元人気アイドルの「おニャン子クラブ」でした。

こういったところから、生稲晃子さんは、おニャン子クラブを知る年代からは受け入れやすい状態になります。

それによって、興味を持ってもらいやすいです

興味を持ってもらえれば、どういった経験をしたのか、なぜ国政に参加するのかという背景だけでなく

個人の経験からどんな目標や政策を考えているのか、ということが、他の人よりも印象に残りやすいと思います。

こういったことから、生稲晃子さんが芸能活動によって知名度を得ていたことが、当選に影響を与えていると考えられます。

生稲晃子さんに限らず、芸能活動をしていた方が政治に参加する時はそうなのかもしれません。

生稲晃子の背景・目標・政策に筋が通っているから

そして、興味を持って聞いてみたところ、

一応生稲晃子さんの背景・目標・政策は一本筋が通っており、

「なるほど」と思えるものだと僕は思いました。

「どれどれ、ちょっと見てみるか」と興味半分で覗いてみたところ、

ちょっと心引かれることを言っている。

という印象でした。

生稲晃子は阿部元首相から応援を受けていた

生稲晃子さんは、阿部元首相から応援メッセージをもらっていました。

阿部元首相は、一国を背負ってきた方です。人一倍大変な経験はされていたはずです。

そして、たくさんの人と関わり、成長を見てきたはずです。

そんな阿部元首相が推薦をしているのです。

しかも、数年ではなく、2013年の働き方改革あたりから、生稲晃子さんを見守ってきたはずです。

生稲晃子さんが仕事と健康の両立で苦しみながらも、もがいて、一生懸命頑張った姿を見てきているはずです。

そうなってくると、信用性がだいぶ高くなりますよね。

これも影響していると思います。

阿部元首相の訃報があったから

阿部元首相に応援メッセージをもらった中、阿部元首相の訃報が入ります。

ネットでは「投票は香典じゃない」というタグがトレンド入りするなど、

阿部元首相の訃報による選挙の影響はかなりのものだったと思います。

「阿部さんのためにも、自民党に入れよう!」

そんなことを言っている方たちもいました。

そしてその流れで、阿部元首相が応援していた生稲晃子さんに対して、

「阿部さんの推薦を信じて、生稲晃子さんに投票しよう!」

そう思った方も少なくはないと、僕は考えています。

根拠は薄いので、あくまで個人の感想として受け取ってください。

生稲晃子は菅前首相から応援を受けていた

また、生稲晃子さんは菅前首相からも応援メッセージをもらっていました!

菅前首相は、僕の周りではその人柄もあって「かわいい」と人気があったと記憶しています。(笑)

この応援メッセージは少し短いですが、そんな菅さんからもメッセージを頂いているというところも、多少は影響していると思われます。

Sponsored Link


生稲晃子の当選に納得がいかない?

と、ここまで聞くとかなりいい感じに聞こえるのですが、

生稲晃子さんの当選に対して「なぜ!?」と思わざるを得ないことがあったのも事実ですよね。

下記にどんなことがあったのかをさらって見ましょう!

(漏れがあるかもしれませんが、その時はご了承ください。)

目標と政策の矛盾

もともとは「誰もが働きやすく、自分らしく生きられる国へ」をスローガンに掲げてた生稲晃子さんですが、

同性婚は認めないというスタンスを取っていました。

「自分らしくとは?」

「意味わからん」

そんな声が上がっていました。

政策と支援団体の矛盾

生稲晃子さんは「がんから国民を救う」という政策を掲げていますが、

そんな生稲晃子さんの支援団体が「全国たばこ販売政治連盟」だったのです。

「ガン促進しちゃうけど大丈夫そう?」

「ツッコミどころ多いな」

矛盾からそんな声が上がりました。

NHK候補者アンケートにほぼ無回答

NHKの候補者向けアンケートに対して、生稲晃子さんはほとんどを無回答で提出しました。

これに対しては、案の定ネットでは大批判がおきました。

謝罪すると同時に、ネット上で正式に答えをアップする形となりました。

アンケートへの「無回答」は事務局責任者の処理ミスで本人は回答を出していた、という話もあるそうですが

実際のところはどうだったのか。真相はいかに。

別アンケートでは回答をコピペした疑惑

別アンケートでは、回答した内容が自民党候補者の朝日健太郎さんのものと酷似していました。

生稲晃子さんの文はこちらです。

新型コロナは致死率や重症化率が高く、さらなる変異の可能性もあり、5類にすると、入院措置をはじめ健康状態の報告・把握、外出自粛等の要請ができなくなります。今後の状況等を踏まえつつ、適切に対応していきます。

引用元:Yahoo ニュース

そして、朝日健太郎さんのものはこちらです。

新型コロナは致死率や重症化率が高く、さらなる変異の可能性もあり5類にすると入院措置をはじめ健康状態の報告・把握・外出自粛等の要請ができなくなってしまう。今後の状況等を踏まえつつ適切な対応をすべきだ

引用元:Yahoo ニュース

しかし、このコピペ疑惑に関しては、半分あっていて半分あっていないです。

というのも、自民党には質問への回答テンプレートが存在することが明らかとなっています。

都連事務局の職員はこう言っています。

生稲候補に限らず各候補者には、都連事務局の職員がメディア各社のアンケートの回答を作成し、それに沿って各事務所が回答する

そして、生稲晃子さんはほぼコピペでそれを提出しまった結果、

今回のような少し残念な状況が出来上がってしまったようです。

政治家として力不足で選挙特番を全拒否

更には、生稲晃子さんは各テレビ局での選挙特番をすべて拒否していました。

なぜ出演しないのか?

理由は単純で「国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りないから」ということが、陣営側から伝えられました。

加えて、もう一つ理由があると僕は思っていて、

アンケート無回答、コピペ問題ですでに炎上しているため、これ以上印象を損ねないようにするため、というのもありそうだと思いました。

下手に動くべきときではないと判断したのかもしれませんが、

どちらにしても炎上してしまい、辛い状況に立たされてしまいましたね。

他にも、回答した内容が矛盾している、何もやっていないのに、など、という意見も見られました。

生稲晃子さんに政治を任せて大丈夫なの?

正直この部分についてはなんとも言えませんよね。

ただ、悲観していては何も始まらないので、少し違った見方をして、生稲晃子さんを見守るのはいかがでしょうか。

トライアングル型支援を実現させている

一つ救いなのは、生稲晃子さんは過去に「トライアングル型支援」を実現していることです。

これまでは働く患者に対して「主治医と医師」という2者によるやり取りでサポートしていましたが、

生稲晃子さんの提案よって、「主治医と勤務先と両立支援コーディネーター」という3者で働く患者さんを支援する仕組みが実現しました。

こういった実績があるので、割とやる人なのではないかと思われます。

また、生稲晃子さん自身の経験からトライアングル型が良いと思い、それを実現しました。

自分の経験をもとに、国民目線の政策を実施してくれる人な可能性はまだ捨てきれませんよね?

肩書きが与えられてからが修行

何事もそうですが、「今日からあなたは正式に政治家です。」となってからが、政治家としての修行が始まります。

僕は現状エンジニアですが、今日からエンジニアとして働くとなってからが、エンジニアの修行のはじまりです。

最初から一端のエンジニアなんて無理です。完璧を求めすぎなんです。

しかも、いくら頑張っても完璧にはなれないですからね!(笑)

そういうことを考えると、生稲晃子さんも、今ようやく政治家としてスタートラインに立ったのです。

ここからが、生稲晃子さんの修行が始まるんです。

今色々と炎上してしまって大変かもしれませんが、

それすらも生稲晃子さんの修行だと僕は思います。

生稲晃子がどう成長するかを見守る

当選したこの時から、生稲晃子さんの政治家としての修行が始まっています。

「政治を任せても大丈夫か?」

ではなく、「政治を任せられるように成長するのか、1国民として見守ってみるか!」

「もし何かやらかしたら、その時は国民の声を拾ってもらうからその覚悟でいてくれよ?」

そんな気持ちで生稲晃子さんを見守るしかないのではないでしょうか?

正直僕が今政治家になって、生稲晃子さん以上の何かをできる気がしませんし。(笑)

国を率先して変えたいと勇気を持って出馬した人が当選したんです。

しっかりと国をよくしてもらえるよう、1国民としてできる限り見守るのが大事だと僕は思っています。

Sponsored Link


まとめ!

  • 生稲晃子はなぜ当選した?知名度・元首相推薦・阿部さんの訃報が大きい!
  • 生稲晃子さんの当選に納得しない声も多い
  • 生稲晃子さんに政治任せられるのか?いや、任せられるように見守るしかない。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link