ガンプラを爆竹で爆破したら壊れる?やり方次第では壊れる可能性有!

最近ガンプラを爆竹で爆発させて、「リアルを超えて本物になるじゃん」ということではじめたガンプラ投稿で盛り上がっていますが、

「いくら作品とはいえ、爆竹で壊れないの?」
「破壊されそうじゃない?」

と思った人もいると思います。

そこで、今回はネット情報をかき集めて、爆竹でガンプラは壊れるのかどうか、考察してみました!

ガンプラを爆竹で爆破したら壊れる?

結論、大きくは壊れないが、やり方次第では壊れる可能性がある、というところに落ち着きました!

どんなやり方を意識したかはわかりませんが、今回の話題作品をつくったあかきしさんの投稿に、足が壊れてしまったザクがいました。。(笑)

ジムも腕がもげていますが、Youtube 動画をみたところ、このジムはあかきしさんが意図的にもいだものになります。

動画を見たところ、10束以上は爆竹を使っていますが、それでも大きな破損がありませんでした。

ということは、ガンプラが爆竹で壊れるためには、割と多めの爆竹の量と、巻き方、爆破のさせ方が重要な気がします。

逆に、どうすればガンプラが壊れるのかを考えてみました!

これに関してはすぐに実験できません。なので、書きあくまで僕の頭で考えただけのものになりますので、一エンタメとして楽しんでください(笑)

ちなみに、「どこかの関節・つなぎ目がもげた場合、壊れたと言える」というていで考えていきます!

壊れる巻き方

壊れる巻き方は、各パーツに2周ずつ、さらに機体全体を爆竹で覆う巻き方がいいのではないかと思います。

できるだけ爆竹を内部に閉じ込める形でガンプラに爆竹を巻きつけると、爆竹の威力が増すので、壊れる可能性が高くなると思います。

今回の作品制作者のあかきしさんは、各パーツに一周ずつ巻くようなやり方をしています。

これだと、大きな破損は有りませんが、小さな部品が飛んだりする破損が見られます。

なので、各パーツに2周ずつ、さらに機体全体を爆竹で覆う巻き方がいいのではないかと思います!

壊れる爆竹の量

おそらく、最低でも33束くらいは必要であると考えています。

このあかきしさんが作品を作るために使用している爆竹の量は、

  • 足に1束ずつ
  • 脚に1束ずつ
  • 両脚をまとめるのに1束
  • 胴体は3束ほど
  • 腕は1束ずつ
  • 盾は2束
  • 頭と肩で2束くらい

合計11束程は少なくとも動画で使っています。

これは機体によって太さや凹凸が違うので、一概にこの量とはいえなそうですが、あくまで目安として!

この量だと、焦げはつくけど、大きな破損はない。あったとしても、細かな部品が欠損するくらい。(あかきしさんの動画を見るとわかります。)

では、どれくらいあればもガンプラが壊れるのか?

前述の巻き方で考えると、最低でも3倍くらいの33束は必要だと言えそうです。

壊れる爆破のさせ方

できるだけ圧力を分散させたくないので、爆竹の外側をさらに何かしらで覆うのがよいと思います。

さらに、着火するときは、すべての導線にいっぺんに着火できれば、一発での衝撃を大きくできるのではないかと思います。

いっぺんに着火するには、一人だと足りないとおもうので、複数人での作業が必要そうですね。(笑)

Sponsored Link


ガンプラ原料の強度

かなり大雑把なので、「この原料もつかわれているよ!」といった点については、ご了承いただきたいです。

今回は、バンダイホビーサイトのQ&Aにかかれていた原料だけに注目しています。

また、強度について参考にした記事はこちらです↓
ABS樹脂の特徴・メリット・用途を解説!

PS(ポリエチレン)の強度

耐熱性は70〜90℃と比較的低い。

そして、耐衝撃性は低く脆い。数値でいうと 1.4~2.2Kg・cm/cm くらいらしいです。

うーん、数値出されてもよくわからん!(笑)

でも脆いらしい。

爆竹の一回の衝撃を大きくできれば、変形や破損へと繋がりそうですね。

ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)の強度

耐熱性は70〜100℃ほどと言われている

衝撃強さは3.8~66Kg・cm/cm だそうです。相変わらずわからん!

ただ、ポリスチレンよりも衝撃に強いことは、数値を比べるとわかりますね。

ABS が多く使われていたら、爆竹の衝撃では大きく変形・破損はしない可能性がありますね。

まあこれもパーツによって違うのかもしれないので、一概には言えませんが。

Sponsored Link


爆竹の威力

具体的に計測されたものがないので、だいぶ定性的な話から考えていきます!

内部に爆竹を仕込んだ時の威力

  • 土団子に埋め込んで爆発させると、土塊が半径1,5m高さ2m位に飛び散る
  • 砂場で爆発させると、砂が1mくらい上空に飛ぶ
  • カエルのお腹に一本入れると、カエルが四散する
  • コーラ瓶を吹っ飛ばすもので、破壊されたガラスの破片が飛散する

この中でカエルはよく聞く例ですが、実際にやったことはありません。
※もしこれを観ても、絶対にやらないでくださいね。大切な命を粗末に扱ってはいけません。

コーラ瓶すらふっとばしてしまうんですね。

ガンプラの内部にうまくしこめれば、破損させることはできるのかもしれませんね。

外部に爆竹を仕込んだ時の威力

  • 指で持って爆破させると、火傷をする
  • 直径5ミリぐらいの植物の茎に結びつけて爆発させると茎が折れる

圧力が分散されてしまうので、大きな傷害はでないことがわかります。

    内部と外部での違い

    外部にまきつけると、圧力が分散するので、内部に仕込むよりはかなり威力が落ちそうだと言えそうですね。

    手で握った状態で爆竹を爆破させると、かなり悲惨なことにもなりそうですが、、、
    絶対にやってはいけませんよ。

    というか、その前に補導されます。(笑)

    爆竹の温度

    科学的な根拠がある温度についてはわかりませんでした、、

    川久保眼科さんのサイトによると、45℃の低温では1時間以上、70℃以上だと1秒で火傷をするらしいです。

    爆竹を指で持って爆破させると火傷はするらしいので、最低でも70℃以上はありそうですね。

    もしかすると、もっとあるかもしれませんが、実際に計測していないのでわかりません。

    あと、僕自身爆竹を使った経験は一回ですし、着火したらすぐに投げたので体感がわかりません。(笑)

    まとめ

    やり方次第では、ガンプラが爆竹で壊れる可能性がある、という考察をしてきました。

    考えているだけだったら楽しいですが、実際にやるとなると怪我をする可能性も高いので絶対にやめた方がいいやつですね。

    もしやるなら、専門的な人を呼んで、安全に配慮した上で、さらには許可を取った上でやってくださいね。

    僕は絶対にやりません。(笑)

    Sponsored Link